<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
冬の暖の最高峰
 今日の雪は10時前には上がって、今は木々や道路からもすっかり消えてしまいまいた。
景色的には昨日変わらなくなりました。

 暖かくなったものだと思いながら、室内ではまだまだストーブがはなせない北軽です。

昨年からご検討頂いていたお客様からご連絡がはいり、「薪ストーブ」前向きに考えてみようかと思っているとのご連絡でした。午後に伺い内容を確認して参りました。
f0193091_16422894.jpg

 デフレの中、薪ストーブ業界は強気なままです。

 本体+煙突+レンガステージ諸々で概算90~100万円の費用になります。

私も今までお見積もりさせて頂くたびにもうちょっと安くならないものか と色々と調べてみましたがどこも似たり寄ったりです
f0193091_17134499.jpg


 最近ではホームセンターでも販売しており、本体で15万ちょっとだすと見た目もよい物が手に入ります。

 ソレがなぜ100万もの大金になってしまうのか、50万で設置出来れば今の3倍の需要があるのに・・・
f0193091_17144975.jpg

 設置の場所や屋根の形状などによっても大きく異なってきますが、本体価格も総額に当然関わってきますが煙突が高い。この煙突によって薪ストーブ本体の性能を十分に発揮できるか、出来ないか決まってくるほど重要なパーツなのです。

以前、私も思い違いしてましたが「薪ストーブは煙突から漏れる熱が空間をあたためる」と。

薪ストーブにある性能(熱量)は煙突から熱が逃げてしまっては本体からの十分な熱が放出されないそうです。足下が暖まりにくいや寒いというときは煙突からの放熱が考えられます。よって放熱しにくいように、煙突は二重煙突を室内も室外ともに使用をオススメします。

二重煙突の利点は、筒内の結露を減らしタールの付着を防ぐ効果もあります。
f0193091_1715442.jpg
 
 雰囲気が最高な暖房器具ですが、一番の心配は火災です。カンタンに火災にはなりませんが、設置の仕様内容や薪の質、炊き方によってタールの付き方が危険度が大きく変わって来ます。タールが溜まった円煙突内は発火しやす状態となり非常に危険です。正しく使用すれば他に換えることの出来ないほどに快適な冬を過ごすことが出来ます。

f0193091_1720035.jpg

高価ですが効率と安全性を考えると二重煙突をおすすめ致します。当社ではシングル煙突はおすすめしません。別荘利用の方は特に使用状態の確認がご所有者自信にあり、それぞれの判断もまちまちになり危険信号を察知しづらいことなどもあります。管理会社もこの点は管理できません。

f0193091_17171283.jpg

 あらっぽく言うと家の中でたき火をしているようなものです、設置は正しくしておかないといけないとおもいますので、当社では専門業者に設置は全てまかせます。
 費用を安くとお客様から依頼もされ、自分たちでもやってやれないことはないのでしょうが、専門知識がないとどうしても不安がぬぐいきれないため今のところ手をだしておりません。

 薪ストーブに対する考え方は、薪ストーブ業者というよりもお客様からお話を頂く我々建築業者の考え方にもよると思います。現にシングル煙突で簡易な薪ストーブを安価と言うことで進められているところも見られます。お客様からのご希望もありますでしょうから一概には言えませんが、当社は安全性をおすすめさせて頂くご説明をこれからもしていこうと思います。
f0193091_17204316.jpg

 薪ストーブはとても贅沢なストーブです、とても雰囲気がよく癒し効果も高い商品です。だからこそ、金額・仕様ともに慎重にご検討をお願いし、設置後はメンテナンスも怠らずお願いしておりますす。

 今日のお客様にも同様なご説明を昨年からして参りましたが、やはり現実的には価格面がご決断の大きな部分を占めるようです。明日から業者と交渉です。円高や不景気がうまく作用してくれるといいのですが・・・
[PR]
by asama-home | 2010-02-28 17:31
雪 ゆき
おはようございまます。

一昨日は豪雨。今朝は雪が降っています。
f0193091_8272257.jpg


積雪は10㎝弱でしょうか。天気予報ですとあと1~2時間で止むようですので、雪かきを
しようか迷っています。
f0193091_82743100.jpg

未舗装の道路は昨日までの暖かい気候のせいでぐちゃぐちゃで、その上に湿った雪が積もった状態ですので、明日が心配です。

 朝起きて昨日屋根工事の現場で、ルーフィング工事が完了していてホッとした朝でした。

春の陽気が続いたので、今度の休みは榛名の梅園にでもいってみようと思っていました、こうやって雪景色を見ていると、後わずかな冬も楽しまなきゃと感じた2月最終日でした。
[PR]
by asama-home | 2010-02-28 08:30 | 北軽井沢のお天気
嬬恋の水源
 今日は1昨日に土地売却依頼の方の現地視察をしてきました。視察といっても大げさな事はしていません。
北軽井沢の別荘地を住所地番のみで特定するには結構大変です。都心部のように住宅地図が正確に作られ入るわけでもなく、番地が全然違う場所に飛んでいるなどして地図上でとても特定がしづらいのです。○●別荘地などと区画割がされているところですと比較的簡単に特定ができます。

 地図上で現地特定が出来ると現地確認です。

今日は2カ所にいって来ましたが、一つは浅間牧場付近の別荘地でしたので直ぐたどり着きました。
2方舗装道路面の角地です。ロケーションもまぁまぁです。

もう一カ所が結構苦労するとおもっていましたが、除雪がされていました。この地は以前来たことはありましが、冬季は来たことがなかったので除雪がされていたのには驚きました。失礼ながら放置された別荘地だとおもっていたものですから・・・

 と言うわけで無事2カ所の現地確認も終え、帰り道に巨大なドーム。
f0193091_1314269.jpg

ここは嬬恋村の上水道の水源です。ここから別荘地の各地に配水がされています。
浅間山麓の地下水が水源です。
都心の水源とは比べ物にならないほどきれいでしょう。
f0193091_1352214.jpg

記念碑もあり、そこにはもともと鎌原部落の水であったが好意で使用することになったと書いてある。この水は別名「鎌原用水」といわれプリンスランドを通り、当社の嬬恋の森を流れ鎌原区(鎌原観音堂のある集落)に流れ込んでいる、今では飲用水とはされていないが長年地元の水としての存在価値は大きく、毎年鎌原区による用水の管理がされている。
f0193091_1394295.jpg

周辺はまさに鬼押出し園!。浅間の溶岩が押し寄せているような荒々しい景色です。ここから南側(浅間山側)には別荘地や集落は一切ないためきれいな地下水が確保されているのでしょう。
[PR]
by asama-home | 2010-02-27 13:12
天井裏の恐怖
 今日は天井裏から物音がするというお客様からの依頼でお伺いしてきました。

天井裏で物音と言うことは鳥や小動物(ネズミ、テン等々)が入るケースが多くあります。今までは幸いにも直接対面はありませんでしたが、あの狭い空間で対面は正直気持ちが悪いですね。

という訳で午後に軽トラに脚立と投光器と棒(威嚇と追い払いの為)を持参し、2階クローゼットに設置した点検口から進入を試みました。

 既に頭の中には最悪なシナリオが幾通りも思い浮かびますが、勇気をふりしぼり点検口をオープン!

 「よし!」点検口回りには居ないようです。

脚立の最上部に足を掛け天井裏に体を迫り出し、投光器のスイッチをON。

真っ暗な天井裏が一面みわたせるようになりました。
f0193091_1642663.jpg


目視で確認できる物体は居ないようです。ここでかなり気持ちが楽になりました。
f0193091_1645237.jpg

そこで母屋や柱を頼りに天井奥へと進入、天井には断熱材が敷かれています。久しぶりに上がった天井裏はこんな冬の日ですが熱いですね。ジワーと額に汗がにじんできそうです。
f0193091_1644010.jpg

一通り点検しましたが、通気口以外は光の差し込み口もないようですし、鳥の羽や動物の糞もありません。通気口からの風により断熱材のシートがふるえたのでしょうか。天井裏にそんな風が入ることも想定が出来ず、とりあえず状況報告をさせていただき様子を見て頂くことにしました。

 中古別荘のリフォームなどをさせて頂くと天井裏には何らからの進入した形跡があります。どこから入ったのか解らないことがおおいのですが、多分想像以上に小さな穴や継ぎ目からはいっているかもしれません。

 今の現場もなぜか和室にコウモリが死んでいました。

噂では軽井沢では猿に気に入られた古い中古があるとか、ないとか・・・

気が弱いというか、大分虫や動物にもなれてきたつもりですが、床下や天井裏はどうも苦手意識が払拭できません。

 とりあえず今回も直接対面することがなく、ほっと一安心でした。
[PR]
by asama-home | 2010-02-21 16:09
理事会へ
本日は宅建協会吾妻支部の理事会いってきまいた。今年で理事2年目ですが一番下っ端ですので先輩業者の皆様と接することで大変勉強になります。
 
 宅建業と建設業を比較した場合、建設業は協会等加盟が免許要件にはなっていません。宅建業を営む場合は宅建協会に必ず加盟していないと免許がもらえません。なぜ不動産業はこのようにハードルが高いのか、疑問です。

 免許申請費用でいうと 宅建業は33,000円
            建設業は50,000円を県証紙で収めます。

私は免許申請をいつも自分でするのですが、行政書士に頼むと申請手数料で10~20万も取られます。
私の経験から、宅建業はそれほどでもありませんが、建設業の場合は相当書類作成に手を焼かされます。県庁への行き来も数回ある上、不備書類の度にやりとりが増えるので結果は依頼したほうがいいかもと思うほどです。

 書類作成は楽な宅建業ですが、免許申請の他に宅建保証協会への加入や宅建協会への加入などでやく100万円ほど開業資金が必要です。決して少なくない金額です。この手続きを踏まないと開業が出来ません。免許証ももらえないのです。私が理事になってからの新規加入は1件(支部のみ)ですので、不動産業も魅力がうすい業種になったのでしょうか?

 全国にはいろいろな協会がありますが、ほんとに会員の役に立つ協会ってのはいくつあるのか。私たち宅建協会も存在価値のある協会に今後なってほしいと思う次第です。
 
 今週はとても暖かい日がつづています、明日からの週末も良さそうです。なにかいいことがあるといいのですが・・・
[PR]
by asama-home | 2010-02-19 18:46
バレンタインDAY
今日は男性諸氏はちょっと気になるバレンタインデーですね。

さっきお向かいのおばあちゃん(いつもはおばちゃんいっています)とからいただきました。農家の方ですが、今は息子さん夫婦とお孫さんが切り盛りしているのだそうです。シーズンになると朝取れ野菜を売っているので、ご存じの方もいらっしゃらると思います。
f0193091_1834328.jpg

板チョコと野菜かりんとうです。

「たいしたモンじゃないけど・・・」といただきました。

本当に有難うございました。学生の時ほどときめくことは無いけれど、気に掛けて頂いたことがとてもうれしく感じます。

 おばちゃんいつまでも元気で居てくださいね。056.gif029.gif

もう一つはこの後自宅に帰って戴けるハズなのですが・・・。

皆さんも楽しいバレンタインをお過ごし下さいね。
[PR]
by asama-home | 2010-02-14 18:13
2月のお楽しみ
 おはようございます。
今朝も寒い朝です。出社時(7:50)の気温は-9℃でしたが、みるみる気温が上がってきています。今は-3℃です。本日まぶしいほどの快晴です。
 
f0193091_8281799.jpg

さて、昨日は毎年2月に行なわれる「北軽井沢炎のまつり」が開催されました。
最後に花火が打ち上げられのが楽しみで、今年で4回目の参加です。北軽井沢炎のまつり自体は18回目の開催になります。
4000本のたいまつローソクが空を赤く染めます。
f0193091_8322432.jpg

冬の夜空に輝くハズの花火でしたが、上空に霧が舞っていて半分程度しか見えない。
何とももったいない。本当だったら打ち上げ場所が近いため頭の上で花火が開く大迫力・大感動のハスが・・・
f0193091_8325446.jpg
f0193091_83341.jpg


今年の炎のまつり、ここ数年では一番少ない来場者でした。昨年の大混雑を見越して早目にいったのですが、駐車場もがらがらで拍子抜けって感じ。昨年の半分といった感じです。
それでも屋台前だけは人だかりでした。
f0193091_8392842.jpg

昨日の13日は軽井沢でも「バレンタイン花火」の打ち上げがあったり、鹿沢スキー場では「雪の祭典」が同時に開催されたため、人がばらけたのか、はたまた別荘の来荘者が減っていたためか盛り上がりが今ひとつと言う感想でした。来年に期待したいと思います。私とすれば花火がきれいに見えればあとは文句ありませんが、この日の為に頑張ってきた観光協会の努力を思うとたくさん人が来てくれるとその瞬間苦労が報われるので、来年は事前の広告を当社も頑張りたいと思いました。


そういえば、毎年来るはずの寄付要請が今年はこなかったなぁ ??015.gif?? 
[PR]
by asama-home | 2010-02-14 08:55
今年の目玉になるかも・・・
 今日は話題の「住宅用エコポイント」と「住宅瑕疵担保履行法」について県内業者(不動産業者と建設業者)を対象とした講習会が前橋市のベイシア文化ホールで開催され、お知り合いの業者様と一緒に受講してきました。

 会場には2000人近い参加者があり、いかに注目された内容かが解ります。

「瑕疵担保履行法」という耳慣れない法律ですが、新築住宅やマンションの売主や工事業者に対し資力確保を義務付け、万が一倒産等によって瑕疵(あるべき品質や性能が欠如していること。欠陥やミスによる不具合)補修が出来なくなった場合、買主及び発注者の救済をするための制度です。

 この瑕疵担保履行法の適用するには資力の確保が必要になります。その方法には2つがあります。
 
   1.保険に加入する
   2.供託金を収める

 供託金は1棟で2000万円(後は供給戸数で変動)を10年間積んでおかなければなりませんので(そんな気長な人はいないと思う)、多くの業者は保険を掛けると言うことになります。床面積にもよりますが、30坪程度で7万円前後/棟を支払い、別途検査(費用有)行ないます。またまた、業者にとって負担が増えるという法律なのです。

 この瑕疵担保保険を掛けないと事実上建築確認が取得できないや完了検査が受けられないなどの強制力があります。更にこの保険に加入できるのが不動産業登録免許業者と建設業登録免許業者のみになります。

不動産業者の場合は、宅地建物取引主任者資格のみで営業活動はできませんので、法人(格)による登録と保証協会への加入がないと免許は取得出来ませんので、 免許無し業者あり得ません。

 しかし、建築の場合、一人親方大工の施行など建設業の免許を取得していない関係者が数多くいます。(建設業と建築士事務所登録は異なります)この場合は今後新築工事をお施主様と直接締結出来ないと言うことになります。
 不動産は免許なしはよく「ブローカー」などと怪しい呼び名がついていますが、建築の場合、経験のみでも怪しい言われ方は一切しません。そう考えると建設業界は法整備や登録義務にあいまいな部分が多かったと言えますので、そういった方面へ耐震偽装の問題以降厳格化がされてきているように感じます。お客様にとっては非常に良い傾向にあると思いますが、施工業者側には大変厳しい状況に更に追い込まれたように思います。(登録業者には関係がありませんが・・・)

 当社では昨年受注させて頂いた新築工事にこの法律が対象になっております。保険関係や検査関係を一通り経験させていただきました。当社は不動産業と建設業のいずれの免許取得しておりますが、今までと特別に変更したと言うことはありませんでした、今までは必要としなかった保険料と検査費用が余計にかかったとう事になります。

 このご時世で新規受注が減ったり、工事代金のローコスト化を一挙に受けて耐えに耐えている私たちに更なるハードルは大変な試練です。今年は時勢の波、法律の波を乗り越えなくてはなりません。

 一方明るい話題は「住宅用エコポイント」です。こちらについてはポイントを私なりに整理させて頂き、明日以降ご紹介します。現在のリフォーム工事も適用が出来そうなので楽しみです。

 

 
[PR]
by asama-home | 2010-02-10 18:23
北軽には雪景色が似合います。
 昨日からの雪は予想以上になりました。昨晩だけでも20センチは積もったものと思われます。
f0193091_111222.jpg

木々についた雪はとてもきれいです。除雪作業をしている最中はそんなことも忘れていますが、雪が一面に覆われた景色は時間が止まったようで、一切の音がしない静まりかえった世界です。

 北軽に来たばかりの頃(平成8年)には雪の量と寒さにびっくりしていましたが、今では慣れてしまい、温暖化の影響か雪・寒さともに以前には及びません。

 以前は北軽でもダイヤモンドダスト(空気が凍る)が見れたほどです(時間は午前2時頃)が、今ではこの周辺では-15℃以下になること滅多にないっと思うので又見ることは難しいかもしれません。(今年は-15℃が最低気温だったと思います)最も、今では午前2時まで起きていることはありませんので、そういった意味でもお目にかかるのは難しいですね。

 今日の雪は2月らしいさらさらとしたパウダースノー。10時頃から快晴になりとっても気持ちがいいです。

 今週は気温が穏やかだと現場がはかどるのですが・・・
[PR]
by asama-home | 2010-02-07 13:02
久しぶりの吹雪です
 朝から降り出していた雪でしたが、吹雪いたり晴れ間を覗かせたりと不安定な天候でしたが午後からは強い風が勢いをましました。気温も上がらす真冬日でした。
f0193091_18101810.jpg

事務所裏側の紀州鉄道のテニスコートです。

一日降り続けている割にはそんなには積っていません。朝8時に雪かきをしてから今まで(午後6時)10センチ程度です。これから明日の朝に掛けて断続的に降るようですがどの程度積もるのか心配です。

これから20センチ以上ってことは無いような振り方ですが、寝ている間にドッサりと言うことも考えられます。風の強い時は吹きだまりが出来ることもあって、明日朝の状態を予想が出来ない状況です。

 先ほど管理会社から明朝の除雪応援依頼が入りましたので、明日は今季3度目の出動になるのでしょうか。

 明日はお客様がいらっしゃる予定ですのでお手柔らかに降ってほしいものです。
[PR]
by asama-home | 2010-02-06 18:17